パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングでは、お客様に合わせたトレーニングやプログラムを提供致します。

例えば、筋力アップ・ダイエット・姿勢改善・健康増進などの目的を、
重量を使ったウエイトトレーニングやレジスタンストレーニングを始め、自重トレーニング、
TRXトレーニングなどお客様の体力レベルに合わせたものを行います。
お客様によってはストレッチなど、コンディションを整える目的で行なっています。

 

まずはじめに、お客様の立っている時の姿勢と、動きの姿を見て動画撮影する事によって、筋力の低下や、柔軟性のない部分を特定します。「オーバーヘッドスクワット」は「しゃがむ」動作です。この動作で、股関節、膝、足首、胸、肩の可動性や柔軟性の評価ができます。

一人一人カウンセリングを行い、改善点のフィードバックを致します。

動作には個人差がありますので、チェックをおこなった方、1人1人にカウンセリングを行い、改善点のフィードバックをいたします。この他5種目のチェック種目があり、それぞれの種目で、自分の今までの体の使い方が認識できます。

 

 

改善トレーニングプログラムでは、今までにジムで行っていたような、マシーントレーニングの「重さ」(負荷)を付けずに、自分の体重を使った、正しい動きのトレーニングを行う事によって姿勢や機能を良くしていきます。 自体重トレーニングといっても、軽くみてはいけません。普段行っていなかったトレーニングをする事で、効かせてこなかった場所に効いてきたりして、今までには無かった運動効果を得る事ができるのです。

 

TRX

TRXとは、手や足を一つの固定ポイントで支えることで、重力や自分の体重で不可をかけながら、日常生活で必要とされる筋力が補える、機能的なトレーニングです。ロープを用いて行うことにより、通常の筋トレ(単一筋力のトレーニング)では得ることが難しい、バランス力という神経系のトレーニングも伴い、体幹、柔軟性の強化が期待できます。体位の調整により負荷を変えることができるので、年齢、体格など関係なく、全ての方に実践頂けます。

アメリカ海軍特殊部隊で誕生

特殊部隊が孤島で訓練していた際に、鍛えるマシンがない事で、手元にあったパラシュートのコードを縫い合わせトレーニングしたところから考案されました。

使用アイテムは→サスペンション(TRX)

サスペンション(TRX)を天井から吊るし、自身の体重を負荷としてトレーニングをしていきます。
TRXで1つの固定ポイントで支える事で、重力や自分の体重をかけながら、機能的(ファンクショナル)なトレーニングを可能とします。

サスペンショントレーニング(TRX)とマシントレーニングの違い

マシントレーニングと比較してどういった点が優れているか?
答えは座った姿勢等でトレーニングするマシンに比べ、TRXはたった姿勢で様々なポジショニングで体をキープします。立ち姿勢でトレーニングするという事は姿勢を維持するために使われる、多くの筋肉が協力して働きます。
つまり、スポーツ動作や日常生活で必要となる筋力が直接鍛えられます。

カテゴリ別おすすめ情報

PAGE TOP