よくある質問(Q&A)

加圧トレーニングQ&A

加圧筋力トレーニングって、いったいどんなものですか?
腕と腿の付け根に専用の加圧ベルトを用い、個人個人にあった適切な圧を加えた状態で上半身、下半身と別々にトレーニングをします。(アスリートなど場合によっては両方巻いて行うこともある)

特徴としてはきわめて軽い負荷で(約1RMの20~40%位な負荷)回数多く(20~30回位)運動を行います。

血流の少ない状態を一時的にすると筋肉自体酸素が足りなくなり乳酸が溜まります。乳酸が溜まると脳の視床下部からハードに運動をしたと認識される為、成長ホルモンが大量に分泌します。
結果、ダイエット、血行促進、回復力アップ、筋力アップ、若返り・美肌などの効果が得られます。
詳しい効果についてはプログラムの加圧トレーニングをご覧ください。


血流を制限すると体に悪影響はでませんか?
適正な圧力なら大丈夫です。「適度に血流を制限する」ことが大切です。

個人個人で年齢、腕や脚の太さ(脂肪の付き方)、血管の太さ、心理的限界点、筋力や体力にいたるまで全く違うため、適切な圧の強さもそれぞれのケースによって異なります。

自己流で適当に制限をしすぎると、血液が筋肉に流れなくなり虚血状態に陥り危険性が増します。

認定の加圧インストラクターは専用の圧力センサーを用いて個人に合った圧を見つけますので安全です。


加圧トレーニングは痛みやきつさを伴いますか?
加圧は負荷が軽くても、筋肉の中で沢山の筋肉繊維が使用されます。

これはきついトレーニングをしている状態と同じように筋肉が追い込まれます。

ですので、多少苦しさは感じますが、体(関節など)へかかる負担を考えると、短時間で通常のトレーニングよりも小さい負荷で、それ以上の効果を得られます。


加圧トレーニングをした後はどのようになりますか?
トレーニング15分後成長ホルモンの分泌が活発になり、そのタイミングでプロテインなど補給してあげると、筋肉への材料として効率よく使われます。また、1時間後には脂肪が燃焼しやすい状態になり、そのタイミングで、有酸素運動を20分位行うと燃焼しやすくなります。

トレーニング終了後は、場合によって腕にホクロのような小さな斑点が数多くでることがあります。これは、使われない毛細血管が切れてしまい内出血のようなものを起こしている状態です。2~3日で消えてしまいますので、問題はありません。続けると、毛細血管自体が強くなり、そのような症状がでにくくなります。


加圧トレーニングはどれ位やったら効果がでますか?
確実に効果を出すのであれば、最低でも週1回のトレーニングが必要です。

週2~3回のペースであれば、短期間での効果も期待できます。

トレーニングの間隔は2~3日あけるようにします。適度なトレーニングで長く続けるほうが、効果は上がります。


糖質制限ダイエットQ&A

脳のエネルギー源はブドウ糖だと言われますが、本当に主食を取らなくても大丈夫ですか?
脳はちゃんと働きます。肝臓でブドウ糖がつくられ、脂肪の代謝物も使われます。

脳は確かにブドウ糖をエネルギーとして利用しますが、エネルギー源はブドウ糖だけというのは間違いです。
脂肪酸の代謝物のケトン体という物質も脳のエネルギー源になります。ケトン体は心臓の筋肉や全身の筋肉、内臓などのエネルギー源として使われ、体がケトン体を上手に使うようになると、スタミナもアップします。

それに、ブドウ糖になる糖質は野菜などにも少量含まれていますし、肝臓でブドウ糖を作る働き(糖新生)もあるので、主食を取らなくても血糖が不足するわけではありません。
糖質制限ダイエットを始めても、脳はちゃんと働き、集中力が落ちることはありませんので大丈夫です。


アルコールは飲んでもいいの?血糖値が気になったら飲まないほうがいいとも聞きますが・・・
糖質が少ないお酒なら飲めます!お勧めは焼酎などの蒸留酒です。

お酒に含からまれるアルコールそのものは、すべてエネルギーに変わり、体には蓄積されず、インスリンも分泌されません。問題なのは、お酒に含まれる糖質です。梅酒やカクテルなどの甘いお酒だけでなく、ビールにも糖質が多く含まれています。

ビールをはじめ、日本酒、紹興酒などの醸造酒は糖質を多く含むので糖質制限ダイエットには不向き。焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジンなどの蒸留酒は糖質をほとんど含まないので、飲んでも大丈夫です。

例外として、赤ワインは醸造酒ながら糖質が少なめ。辛口なら適量はOKです。


いつもカロリーを気にしていました。糖質制限では本当に気にしなくていいのですか?
暴飲暴食はNG。中にはカロリー制限が必要な方もいます。

もちろん無制限に食べていいわけではありません。ほとんどの人は糖質の摂取量を1食10~20g、1日50~60gを目安にして暴飲暴食をしなければ、カロリー計算をせずに、おなか一杯食事を楽しめます。

一方、倹約遺伝子を持ち基礎代謝が低く、もともと痩せにくい体質の人が数%います。2週間試しても体重に変化のない人はその可能性があるので、食事量を減らしカロリー制限も行うことを進めています。


コレステロール値が高めなので心配。健康診断で肉や油は控えめにと言われましたが・・・
善玉コレステロールを増やしてくれるダイエットだから大丈夫。

悪者扱いされがちなコレステロールですが、細胞膜の形成や副腎皮質ホルモンの合成をおこなったり、神経伝達にかかわったりするなど、体にとって必要なもの。最近ではコレステロールは血管の病気の原因でなく結果だという説もあるようです。

体内で余ったコレステロールを回収して肝臓に戻すHDLコレステロールは、血管を掃除する善玉のコレステロールと呼ばれています。
糖質制限ダイエットを続けていると、この善玉が増加することがわかっています。体のあちこちにコレステロールを運ぶ役目のLDLコレステロールも別に悪玉ではなく必要なものですが、それも正常化します。

中世脂肪も減少するので、適量の肉や油なら食べても問題ないでしょう。


低血糖の人は糖質制限ダイエットをできますか?気を付けることはありますか?
糖質制限が低血糖の原因ではありません。逆に糖質の取り過ぎに注意。

糖質制限ダイエットでも、必要なブドウ糖は肝臓での糖新生でつくられるので体に支障はありません。

低血糖の人はキチンと食事をとっても、すぐにお腹がすいてイライラしたり、座っていてもフラフラしたりしますね!?これは糖質中心の食生活と関係があるかもしれません。糖質の多い食品を食べると血糖値が急激に上がり、インスリンは大量に分泌されます。インスリンにより3~4時間経つと今度は急激に血糖値が下がります。

糖質制限ダイエットで主食や甘いものを取りすぎないようにすれば、血糖値の急激な変化がなくなり、安定するはずです。すると低血糖の症状も収まると思われます。


間食はOK?甘いものはやはりダメですよね・・・どんなものなら食べていいの?
ナッツやチーズがお勧め。市販の低糖質のお菓子もいいですよ。

糖質の少ない食品を選べば、おやつもOK。ナッツ類、チーズ、無糖ヨーグルト、ゆで卵などなら食べても安心です。低糖質のクッキーなどもインターネットで購入できるので、見てみてください。

果物やドライフルーツは避けましょう。何気なく口にするドリンクは、フルーツや野菜ジュース、牛乳のほか、スポーツドリンクにも糖質が多く含まれるので注意しましょう。

また、糖類(ブドウ糖、果糖、砂糖、乳糖など)ゼロと表示された食品でも、マルチトールやキシリトールなどの糖アルコールを使ったものは、砂糖の半分ぐらいの血糖を上げるので要注意。糖類ゼロとカロリーゼロ表示があれば大丈夫です。


カテゴリ別おすすめ情報

PAGE TOP